術後8日目

■2018/1/30

今朝の診察での処置は大きなものが二つあった。

まず手術後伸びっ放しだったヒゲを剃ってもらってからだったが、

一つは不快の極致「鼻チューブ」が抜けたこと。

もう一つは、予防的措置ながらひどい痰のむせに苦しんでいた喉の管も抜けたこと。

痰の咳き込みは、喉の管を抜いた直後にぱたっと止んだ。

 

喉の管は気管に差し込んであったので、さすがに局所麻酔するのかと思っていたら、

深呼吸で息を吐いている時にスーッと抜かれ、さほどの痛みはなかった。

さらに指先にはさみっ放しだった酸素量モニターも夜寝る時だけとなり、

これで体についていたものは全部なくなった!

これは嬉しい!

カミさんにはやっと人間に戻ったねと言われたがまさにそんな感じである。

体に付いていたチューブやら管やらが全部取れてスッキリ

あとは舌と顎の腫れが収まれば晴れて退院となるのだろうが、

その腫れがどうにも引かない。

医者には2〜3週間はかかると言われているので、

まだ1週間以上かかることになりそうだ。

ひたすら我慢だろう。