術後5日目

■2018/1/27

特に進展なし。

舌・顎の腫れは引かず、夜眠れないので昼間眠くなる。

腫れが引かないことを看護師や医師に訴えても、

この時期では仕方ない、徐々に引いてくるからと言われるのみ。

治るんだろうか、と不安になる。

 

食事時間になると、看護師が「お食事ですよ~」とベッドまで食事を持ってきてくれるのだが、

今はトレイに載った食事でなく、点滴スタンドをガラガラと押して来る。

 

鼻チューブは普段は先に蓋をしてくるくる丸めてパジャマの襟に洗濯バサミで止めてある。

食事時はまずチューブを伸ばしてポンプをつなぎ、

聴診器を胃のあたりに当ててポンプで空気を送り込んで胃に入る音を確認する。

次に結構速いペースの白湯の点滴で、続いてメイバランスにつなぎ替える。

メイバランスは、はじめのうちは「食べ終わる」まで2時間以上かかっていたが、

このところは慣れてきたのと速くしてほしいとお願いしていることもあって、

1時間強で済むようになってきた。

 

点滴のポタポタ落ちるところが空になったあたりでナースコールする。

看護師が来てポンプの水でチューブに残ったメイバランスを残らず胃に流し込み、

続けて痛み止めを注入、さらにもう一度水を注入して終了となる。

 

このポンプでの注入のとき、ピストンを押すのがやたら速い看護師がいて、

そんな勢いで入れたら胃から逆流するのではないかとあせったりした。

もちろん、逆流はしなかったが。