術後4日目

■2018/1/26

相変わらずの眠れない夜を過ごした朝、検温の時看護師に、

入院前夜中にカミさんにいびきが変だとか息してないとか言われたことないかと聞かれた。

 

ある。

 

一日中血流内の酸素量のモニター機器を指につけているのだが、

通常90台後半の数値が70台に下がったようだ。

息してませんでしたよ、と言われ、睡眠時無呼吸症候群発覚。

余計だ。

 

舌と左顎周辺の腫れは変わらず。

予定では今日からシャワーが浴びられるはずなのだが、お声かからず。

まあ、まだ無理だろう。

 

ところで、手術直後からしばらくは発声禁止で筆談と聞いていたので、

入院前に100均で小さめのホワイトボードとマーカーを買い込んでいた。

ICUから移った直後の1日くらいはそれを使ったが、

実際は麻酔から醒めた直後から喋ること自体はできた。

何しろ医者や看護師が痛いかとか息苦しくないかとか聞いてきて、

大丈夫ですとか痰がからみますとか喋って答えていたし、

その際喋るな、筆談で、とか言われたことはない。

もちろん手術前のように喋ることはできないが、何を言っているかはわかってもらえる。

なので普通に会話は成り立つので、コミュニケーションに不自由はないと言えるだろう。

ただし、大きな声を出したり早口で喋ることはまだできない。