術後3週目

■2018/2/12

朝の検温の時、退院前の検査だという採血があった。

今日は入院最後の1日だ。

3週間、長かった。

朝食を食べながら、腫れて痺れたままの舌をできるだけ使おうとしてみるが、

やはりあまりうまくいかず、無理すると舌を噛みまくることになってしまう。

焦らず気長にやるしかあるまい。

 

診察で舌を前後左右上下に動かすよう言われてやってみる。

大して大きくは動かないが、それぞれ動かすことはできて医者のOKはもらった。

例によって「順調」だそうだ。

 

看護師から明日の退院について説明を受ける。

手術跡の修復に関する貼り薬と飲み薬が2週間分処方されることと、

処方済で頓服扱いになってた痛み止めの粒剤と錠剤をどうするかと。

錠剤は持ち帰り粒剤は返品扱いにしてもらった。

 

明日いつも通り起床・検温の後朝食、朝の診察と続き、

10時すぎ以降に事務担当が精算書を持って来る。

荷物をまとめて着替え、入院費を支払って今回の入院生活は晴れて打ち止めだ。

 

下の娘が孫とともに車で迎えに来てくれるという。

免許を取って3ヶ月だが、張り切っているので大丈夫だろう。

 

すっかり回復しての退院ではないので心配は尽きないが、

日常の中でリハビリして頑張っていこうと思う。

退院後の27日に最初のCT検査で通院の予約が入っている。

まだまだ経過観察が必要なので、油断せずにいきたい。

 

これでひとまず入院記録は終了となるが、

その後の経過については、随時追加していこうと思っている。

2018年2月12日20:43、

病床最後の消灯時間17分前である。