術後19日目

■2018/2/10

今朝寝ぼけてまた舌を噛んだ。

歯磨きのとき鏡で見たら、結構な血豆みたいになっている。

痺れていて痛みはほとんど感じないが、よろしくはない状態だ。

しかし防ぐ方法なし。

 

朝食後医者が来て、昼食から食事の「ランク」を一つ上げて、キザミの度合いを少し大きくするとのこと。

退院に向けたリハビリの一環のようだ。

朝の診察の時にも主治医から、舌の傷は完全に閉じていて大丈夫なので、

意識して舌を動かすようにと言われていた。

術後の傷はどうしても固くなろうとするから、

喋ったり少し大きめの食べ物を口の中で動かしたりして、舌を運動させなさいということだ。

どこまでできるかわからないが、やってみるしかないと思っているうちに昼食時間。

「軟菜食」と書いてある食事だった。

主食は全粥で変わらず、おかずが以前より少しキザミが大きくなったかな、

という程度でほとんど今までと変わらずに食べられた(というか飲み込めた)。

口の中左半分は使えていない状態は何も変わっていないが、

わずかずつでも回復できるよう頑張る。

 

退院後最初の通院日予約が27日10時となった。

造影剤を投与してのCT検査とのことで、当日は朝食抜き。

撮影後11時頃から診察を受ける予定となる。

この日まででどの程度腫れは引いているのか、はたまたほとんど変わらずなのか。